Sustainable action

SDGsの考え方

国産テキスタイルの未来に
宇仁繊維ができること

SDGsに向けた6つの取り組み

宇仁繊維では、過剰生産や環境負荷などの課題解決や、国産テキスタイルの持続可能性を追求するために、6つの方針を策定いたしました。

Made in Japan に
こだわったものづくり

宇仁繊維は「ジャパン・クオリティ」にこだわっています。北陸、京都、西脇、遠州などの産地とパートナーシップを結ぶだけではなく、設備投資の実施によって産地を支援。J∞QUALITY「安全・安心・コンプライアンス企業認定(織物・編物)」も取得しています。

生産における
トレーサビリティの徹底

自社工場、子会社、協力工場と緊密に連携。織りから加工、納品までを当社がコーディネートしているため、いつ、誰が、どこで生産に取り組んでいるか把握しています。お客さま、工場、当社の密なコミュニケーションのもとで、テキスタイルをお届けしています。

持続可能な生産体制と商品の追求

自社工場、子会社、協力工場への投資や事業連携によって産地の継続性を支え、国内の繊維産業の発展に貢献。また、長く使える高品質なテキスタイル開発や、生産を国内で完結させることで輸送時のCO2排出や環境負荷の軽減にも取り組んでいます。

大量生産ではなく効率生産

経済ロットを意識した効率生産によって、生産における環境負荷を軽減。また、必要なときに、必要な量のテキスタイルを供給する体制の構築で、過剰生産によるムダや廃棄衣料の軽減にも貢献しています。

環境保全への取り組み

地球にやさしい商品の開発リサイクル繊維や再生繊維、オーガニックコットン糸を使用したテキスタイルなど、地球にやさしい商品の開発に取り組んでいます。少量のオーダーに対応でき、水を使わないデジタルプリントも行っています。

パターン帳に森林認証紙を使用パターン帳の台紙には「FSC認証」を取得した「森林認証紙」を使用しています。

エコテックスを取得

世界トップレベルの安全な繊維製品の証である、「OEKO-TEX®STANDARD 100」を取得しています。
対象品番に関しては、担当営業までお問い合わせください。

TOP